前髪が薄いのは遺伝?M字はげ対策5選

前髪が薄いのは遺伝が原因です。
男性の場合、母方の父親を見れば自分の頭髪の未来が予測できると考えられています。
母方の祖父が薄毛であるなら薄毛になる可能性がありますし、母方の祖父の頭髪がボリュームがあるなら頭髪が薄いことで悩む可能性が低くなります。
特に男性では、前髪の生え際が薄い状態になるm字はげで悩まれる方が多くなっていますが、遺伝だからと諦める前に取るべき対策があります。
ここでは前髪が交代したり、m字はげで悩んでいる方に適した5つの対策を提案します。
第1に睡眠をしっかり取りましょう。
就寝時間と起床時間を決めることで、不規則な生活を改善します。
第2は食生活を改善しましょう。
肉類や油脂分の多い食事から緑黄色野菜を重視した食生活に改善し、栄養バランスの良い生活を目指し毛根に栄養を送りましょう。
第3にストレス発散しましょう。
仕事などでストレスは蓄積されるので、適度な運動やウォーキングを楽しむ、サウナで汗をかく、ツーリングやドライブ、一人カラオケなど自分なりの方法を見つけておき、定期的にストレス発散してやることで心の負担を軽くしましょう。
第4にタバコやアルコールをやめましょう。
タバコやアルコールは、ビタミンCを大量に消費することが知られています。
ビタミンCは肌の新陳代謝に欠かせない成分なので、無駄に消費するのを避けてください。
第5に医師に相談しましょう。
前髪が薄くなったり、m字はげの場合には遺伝が原因ですので、皮膚科の医師に相談して適切な治療を受けましょう。
市販されている育毛剤を使う方法もありますが、医療機関では医学的にも効果を確認されている薄毛治療を処方してくれるので、高い効果を早期に実感できます。
特にプロペシアは、薄毛治療を受ける方の90%以上が効果を実感しており、前髪の後退やm字はげを抑止します。
前髪が気になったり、m字はげがきになった時は、しっかりとした睡眠をとり、バランスの良い食生活、適度なストレス発散、タバコやアルコールを避け、医師に相談することで改善を目指してください。
病院探しはこちらからのサイトが詳しく書かれていますので参考になります。
>>横浜のAGAクリニック